腸内フローラ

腸内フローラ

腸内フローラは健康な身体を作る重要なポイントです。

すぐ探せる通販 > 腸内フローラ

腸内フローラとは

私たちの腸内には多種多様な細菌が住んでおり、100種類以上、600~1000兆個、重さに換算すると1.5~2.0kgにも及びます。これらは腸内細菌と呼ばれ、個々の菌が集まって複雑な微生物生態系を構築していて、この微生物群集のことを腸内フローラと呼んでいます。また腸内フローラは人によって全てバランスや種類が異なっています。

フローラとは植物群集という意味ですが、これはかつて細菌が植物の中に分類されていたためだと言われています。また、それぞれの腸内細菌が縄張りを主張しており、色鮮やかでとてもきれいな形の集落を作るのですが、それをお花畑に見立ててフローラと呼んでいるという説もあります。

この腸内フローラを構成している腸内細菌の緊密な連携によって、腸内では免疫系が活性化しており、それが病原菌などの新たに侵入してきた菌を排除してくれるなど、病気にならないように、また老化を防ぐように作用していることがわかっています。

腸内フローラ 検査

腸内フローラにどのような細菌が住んでいるのかは人によって異なります。腸内フローラを構成する細菌は大きく分けると次の3つになります。
■ 腸内を酸性に保ち、免疫力を高めるなど生きるために必要な働きをする善玉菌
 (ビフィズス菌、乳酸菌、酵母菌、納豆菌など)
■ 腸内に腐敗物をためたり、有害物質を発生させたりする悪玉菌
 (大腸菌、ウェルシュ菌など)
■ 善玉菌でも悪玉菌でもなく、勢力の強い方につく日和見菌
 (バクテロイデス、ユウバクテリウムなど)
腸内に生息している細菌の総数は決まっているため、善玉菌と悪玉菌のバランス(勢力分布)が重要なポイントになります。

自分の腸には善玉菌と悪玉菌のどちらが多いのかは腸内細菌叢検査で調べることができます。検査は医療機関に行かなくても、検査キットを使って自分の便を採取して、検査機関に郵送することで調べてもらうこともできます。費用は調べる内容によって1万円台~数万円台と幅があります。

検査する内容にもよりますが、この検査によって善玉菌と悪玉菌のバランス以外にも、便のPH測定(健康な腸は弱酸性です。)、 大豆イソフラボンの成分が腸内細菌の働きで変化した、女性ホルモンと似た働きをするエクオールの量の測定、悪玉菌が多くなると増える、便の中のインドールやスカトールなどの腐敗物の分析などができ、より正確な腸の状態を知ることができます。

腸内フローラ ヨーグルト

腸内フローラにおける、善玉菌と悪玉菌のバランスは、ヨーグルトを食べることで善玉菌が優位な状態にすることができるというのは事実ですが、実は、同じ種類のヨーグルトを最低でも1日200g食べることを、2~3ヶ月以上継続する必要があります。

乳酸菌には200ほどの種類があり、ヨーグルトに含まれてる乳酸菌の菌種や菌株が銘柄によって異なるのですが、食べているヨーグルトに含まれている乳酸菌の菌種と、食べる人の腸内細菌との相性が合わない場合、腸内フローラを良くする効果が出るまでには時間がかかってしまうからというのが理由です。
となりますと、 ヨーグルトだけで腸内環境を整える場合、そのヨーグルトの菌種と、食べる人の腸内細菌との相性が合うかどうかがポイントになってきますので、1種類のヨーグルトを2~3ヶ月以上づつ継続して、腸の状態をみながら、どのヨーグルトが自分の腸内細菌とマッチしているか、1つずつ探っていくことになります。

ただし、通常はそのような長い時間は待てないと思いますので、そのような場合は複数の乳酸菌が配合されたサプリメントを利用する方法が有効です。単一の乳酸菌が含まれたヨーグルトに対して、複数の菌種が大量に摂れる乳酸菌サプリメントは、どの乳酸菌が良かったのかの特定はできませんが、腸内細菌と相性の良い菌と巡り会う確率は高くなります。

【善玉元気】

腸内フローラ トップへ戻る

Copyright 2016 © すぐ探せる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner