偏頭痛

偏頭痛

偏頭痛はつらいですが、頭痛薬は極力避けたい方は、サプリがお役に立ちます。

すぐ探せる通販 > 偏頭痛

偏頭痛とは

偏頭痛は脳周辺の血管が広がり、炎症を起こすことで痛みが現れると考えられている、慢性頭痛の1つです。はっきりとした原因はまだ明らかではありませんが、ストレスや疲労などによっても誘発されますし、偏頭痛に悩む女性は男性の4倍にもなることから、女性ホルモンの影響があるのではないかとも言われています。

痛み出すとズキズキと脈を打つような強い痛みを伴います。偏頭痛は頭の片側にだけ痛みがある場合も多いため、片頭痛と書くこともあります。もちろん頭の両側や後頭部、頭全体に痛みを生じることもあります。
痛みのピークは1~2時間程度、頭痛自体は、長い場合は3日ほど続く場合もあるようです。頭痛の頻度は個人差があるため一概に言えませんが、月に1~2回であったり、週に1~2回ある場合もあります。しかし、共通して偏頭痛は一度治まると全く痛みがなくなるため、とりあえず鎮痛剤を飲んで目先の痛みだけ我慢してしまう方も多いようです。

また偏頭痛には、前兆があるものと無いものの2つのタイプがあります。前兆がある場合、目にチカチカする光が現れることがあるようです。その光で視界の一部が妨げられることがあり、感覚が鈍くなったり、手足のしびれ、話しにくくなるなどの症状がまず現れるのが特徴です。

偏頭痛 病院

偏頭痛で病院を受診する場合、どの診療科を受診したらよいか悩まれる方も多いかと思います。明らかに風邪を引いたことによる頭痛なら、すぐに内科だと判断できると思いますが、思い当たる原因がないまま、頭痛だけが何日も続いたり、繰り返し頭痛に悩まされるような慢性頭痛の場合は、頭痛外来、神経内科、脳神経外科を受診してみるとよいようです。

頭痛外来は頭痛を専門に診てくれる診療科ですし、神経内科や脳神経外科は、脳やその周囲の血管、神経系のトラブルの治療を専門としている診療科です。慢性頭痛は、脳の周辺の血管や神経、筋肉などに痛みの原因があると考えられているため、内科よりもさらに専門的に診断や治療ができる、これらの診療科が適しています。

ただし、風邪などによる頭痛でもなく、慢性頭痛でもないような頭痛がある場合は、くも膜下出血や脳出血などの、緊急処置を要する病気の可能性が高いので、診療科に関係なく、一刻も早く医療機関を受診することが重要です。

偏頭痛 薬

偏頭痛を治す方法として簡単なのは薬で痛みを抑えることです。最近では薬局やドラッグストアには色々な頭痛薬が置いてあります。偏頭痛に効果的な薬としては、脳の血管の拡張を抑えるトリプタン製剤というものがありますが、基本的には薬剤師に相談の上で選んでもらうのがベストです。

また、偏頭痛持ちの方で、痛みが起こる前に、予防として服用される方がいますが、過度の服用は薬物乱用頭痛の原因にもなりますし、いつまでも頭痛が治らなくなるどころか、逆に偏頭痛の原因を作ってしまうなど、悪循環に陥ってしまう可能性がありますので、必ず使用方法を守って、薬には過度に頼り過ぎないようにする必要があります。

とはいえ、とにかく偏頭痛の痛みが心配だという方は、頭痛薬ではなく、頭痛に効くサプリメントなどがありますので、そちらでの対処をしてみるのもよい方法です。

ずきしらずの実

偏頭痛 トップへ戻る

Copyright 2016 © すぐ探せる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner