口臭

口臭

自分では気付きにくい口臭だからこそ、しっかりケアしたいですね。

口臭の原因

口臭の元になっているものは、ほとんどの場合、口の中にある気体であることが判明しています。口の中にいる嫌気性細菌が血液、古い細胞、食べかすなどに含まれるタンパク質を分解して、臭いの元である硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの揮発性硫黄化合物(VSC)を発生させることにより口臭が生じます。この嫌気性細菌を殺菌してくれているのが唾液ですので、唾液の不足が主要な口臭の原因だと言えます。

その他の口臭の原因としては、歯周病や虫歯、内蔵の病気からくる臭いなどがあります。
歯周病で歯茎から血が出やすかったり、虫歯によって歯に磨き残しがあったりすると、それが細菌のエサになって揮発性硫黄化合物(VSC)が発生しやすくなります。また歯周病や虫歯予防のために殺菌成分の強い歯磨き粉やマウスウオッシュなど使うと、刺激が強すぎて体質に合わず、逆に口臭がきつくなってしまうことがあります。

口臭が発生する内臓の病気としては、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、胃がんなどがあります。ストレスの多い現代社会では胃炎になるケースも多く、消化不良や腸内細菌のバランスの変化などで菌が増え、口臭がきつくなると言われています。

口臭チェック

口臭はなかなか自分では気付けないものですし、またストレートに指摘してくれる他人もなかなかいないものです。このため自分で口臭をチェックする方法を知っておくことは重要です。
口臭を簡単にチェックする方法は、
■ 舌についている舌苔の量、色、臭いをチェックする。
■ 歯磨き後にデンタルフロスを使用し、フロスに付いた歯垢の臭いをチェックする。
■ 唾液の味がいつもと違い、酸っぱいとか苦くなっていないかをチェックする。
■ 手の甲を舐めて、その臭いをチェックする。(舐めていない甲の臭いと比較。)
■ ポリ袋に呼気を集めて臭いをチェックする。(空気のみのポリ袋の臭いと比較。)
などがあります。

医療機関であれば医療用口臭測定器がある場合がありますので、より詳しく調べることができますが、 一般家庭用に市販されている口臭チェッカーなどは、測定値の信頼度はそれほど高くはないので、携帯しておいて、気になる時に目安程度に使用するのがよいようです。

口臭対策

病気が原因の口臭ではない、生理的な口臭の場合には、普段の生活にちょっと工夫を加えてみるだけでも 口臭予防になるケースがあります。ポイントはいかに唾液の分泌を促進させ、揮発性硫黄化合物(VSC)を生成させないかということになります。

唾液を出やすくする方法としては、肩の力を抜いて、深呼吸してみるなどしてリラックスする、歯磨きやうがいなどで口腔粘膜を刺激する、唾液分泌を促進する効果があるキシリトールガムを噛む、唾液腺のマッサージをする、よく噛んで食べるようにするなどがあります。

それだけでは心配だという場合には、サプリメントなどを併用するのも1つの方法です。

口臭対策サプリメント【ブレスブロック】

口臭 トップへ戻る

Copyright 2016 © すぐ探せる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner