足のむくみ

足のむくみ

足のむくみの改善は運動がポイントです。

すぐ探せる通販 > 足のむくみ

足のむくみの原因

細胞に酸素や栄養分を届けるために心臓から送り出された血液は、その役割を果たした後は、二酸化炭素や老廃物、余分な水分などを回収しながら、今度は静脈やリンパ管を通って心臓に戻ってきます。このとき、足から心臓に向かって流れる血液は重力に逆らうことになるため、第二の心臓と呼ばれているふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たすことによって血液の循環を手助けしています。

足がむくむ原因はいくつかありますが、病気によるむくみではない、一過性のむくみの場合には、このふくらはぎの筋肉に関係していることが多いようです。長時間にわたって同じ姿勢でいるため、ふくらはぎの筋肉の働きが少なくなり、ポンプ機能がうまく作用しないとか、運動不足によってふくらはぎの筋力が衰えてしまい、余分な水分を心臓へ送り戻すポンプ機能自体が低下してしまったというのがこれに当たります。

それ以外の原因としては、冷え性などの血行不良や、塩分の摂取過剰というケースがあります。むくみ予防サプリは、これらの原因への対処を主眼にしているようです。

きゅきゅっと小町

足のむくみ 病気

普段と変わらない生活をしているのに突然むくみが生じたり、むくみが1週間以上も消えないような場合には、血管や内臓の病気が原因のむくみである可能性があります。考えられる病気としては、血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れて、逆流した血液が足に溜まってしまう下肢静脈瘤、心臓のポンプ機能が正常に機能しないことで、血行が悪くなってむくみがおきている心臓障害などがあります。

また、血管に水分を取り込んだり排出したりする浸透圧を調整するアルブミンという成分は肝臓で合成され、腎臓でろ過されているのですが、肝臓や腎臓に障害が発生していると、アルブミンの生成量が減少して水分がうまく血管中に取り込まれなくなるためにむくむことがあります。肝臓障害の場合には、足だけではなく全身に、また腎臓障害の場合には顔やまぶたにもむくみがでることがあるようです。

いずれにしろ、一過性のむくみでないと感じた場合には、できるだけ早く内科などの専門医を受診してください。

足のむくみをとるには

足のむくみを取る方法には、根本から解決する方法と応急処置的な方法がありますので、両者を同時に行うことが重要です。

根本から解決する方法とは、定期的な運動習慣を付けることになります。これによって、ふくらはぎの筋肉が鍛えられ、ポンプ機能の回復につながります。
毎日のランニングやウォーキングが好ましいですが、継続することが難しいようであれば、可能なら通勤や通学を自転車や徒歩に変えてみる、エレベーターやエスカレーターを極力使わずに、階段を使うようにするなどから始めてみるとよいようです。

また即効性のある、応急措置的な方法とは、足を心臓より高い位置に固定する、マッサージをするの2つが代表的なものになります。通常、足は心臓より低い位置にあるため、静脈が重力の影響を受けてむくみが生じますので、足を心臓よりも高い位置に固定することで、静脈の流れが促進されてむくみを解消します。
マッサージは、ふくらはぎの筋肉に作用して、ポンプ機能を回復し、滞った血液やリンパ液の流れを促進する作用があります。むくみ解消グッズとして、着圧ソックスなどを使ってみるのもよいようです。

新感覚の着圧ソックス【レッグドレナージュ】

足のむくみ トップへ戻る

Copyright 2016 © すぐ探せる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner