老眼

老眼

老眼は誰にでも起こる目の老化現象です。
完治は難しくても、回復や防止のための方法はあります。

老眼とは

老眼とは、一般的には40歳前後から始まり、近い所が見えにくくなるなどの症状が出る目の老化現象のことです。近視の方でもなりますし、個人差はあるものの誰でもがなります。

初期段階では、近くのものを見る際にピントが合わなくなり、小さい字をみる時などは、少し遠くに離すと見えやすくなるとか、明るい所では見えるのに、薄暗い所だと見えにくいといった症状が現れます。

さらにこの状況が続くと、遠くはよく見えるのに近くがよく見えないため、無理をして近くにピントを合わせようとすることになって目が疲れてしまったり、目のかすみ、肩こりや頭痛につながるケースがあるようです。

老眼 年齢

老眼の症状が出始めるのは、個人差がありますが、一般的には40歳を超えたころから症状が出る方が多く、早い方では30代後半ぐらいでも自覚症状が出るケースがあり、遅い方でも50歳を過ぎるころには症状が出るようです。

最近の40歳代といえばまだまだ若く、老眼の症状が出始めていても、なかなかそれを認めたくないという状況があるようです。しかし老眼が始まっているにもかかわらず老眼鏡をかけないで、放置していると目が疲れやすくなるだけでなく、老眼がより進行する可能性がありますので、早めに眼科で診察を受ける事が重要です。

また最近では、スマホやパソコン、読書、テレビなどで目を酷使していると、子供や30歳代の若い人でも老眼と同じような症状が出る方がいるそうです。

老眼 改善

老眼は、老化が原因なので完全に回復させるのは難しいようです。基本的には老眼を予防する、もしくは進行を遅らせることがメインになるかと思いますが、目の筋肉を鍛えることである程度の回復が見込める可能性があります。

それには毛様体筋、外眼筋、虹彩筋の3つがポイントとなりますが、特に毛様体筋を鍛えて、柔かくしてあげることが重要です。代表的なトレーニングには、3つ並んだ点を遠くから順番に1秒ずつ凝視するトレーニングや、腕を伸ばして親指を立てて1秒凝視し、次に遠くの対象物に視線を向け1秒凝視するのを30回繰り返す遠近トレーニングなどがあります。
少し変わったものだと、広角を上げるように笑顔を作るという方法もあります。広角を上げる筋肉と目の周りの筋肉はつながっているので、その筋肉を動かすことで目の周りの血行がよくなるようです。

もちろん、目を酷使する生活習慣を改善することが前提条件になりますし、またサプリなどを効果的に併用するとよいようです。

ビルベリー&ルテイン配合サプリ【めなり】

老眼 トップへ戻る

Copyright 2016 © すぐ探せる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner