歯周病

歯周病

歯周病は治療することができますが、予防することは更に重要です。

すぐ探せる通販 > 歯周病

歯周病とは

歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目のブラッシングが不十分で磨き残しなどがあると、そこに多くの細菌が繁殖し、歯肉周辺に炎症を起こして赤くなったり、腫れたりします。そして、この炎症が進行すると、歯と歯肉の間にある、歯周ポケットと呼ばれる境目が深くなり、歯を支える土台が溶けて歯がぐらぐら動くようになり、最悪は歯が抜け落ちてしまう可能性があります。

口の中には元々300~500種類の細菌が生息していますが、それだけで悪影響を引き起こすことはありません。しかし ブラッシングが不十分で、食べかすが残ってしまったりすると、それをエサにして細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面に付着して歯垢(プラーク)になります。この歯垢1mgの中にはおよそ10億個の細菌が生息しており、その中には特に歯周病の原因となる細菌が存在していることが解明されています。

さらにこの歯垢はそのまま放置すると硬くなり、歯石と言われる物質に変化し、歯の表面への付着強度が非常に強固になります。歯医者で歯石除去をされる場合、金属の器具で削り取るような感じになるほどです。この歯石の中や周りにも細菌が入り込みますので、歯石を放置するとさらに歯周病を進行させることになります。

歯周病の治療

かつては不治の病であった歯周病も、現在では予防も治療も可能な病気になっています。そのポイントは予防、メンテナンス、治療の3つです。まず、歯周病は歯垢から始まりますので、歯垢を作らない、溜めない、増やさないの3つがポイントとなります。そのためには、正しいブラッシング方法で毎日歯磨きを実践し、歯の表面を歯垢のない清潔な状態にキープする事で、歯周病を予防することができます。

歯垢が取り切れず、歯石になってしまった場合には、歯医者で歯肉の中にまで入っている歯石を完全に取り除くメンテナンスをしてもらう必要があります。これは歯石が溜まってからではなく、定期的に歯科衛生士による専門的なクリーニングをしてもらい、常に歯を健康な状態に保つことが重要です。私が通っている歯医者では半年に1回のペースで行うよう指導されています。

また、最近では口内の除菌治療ができるようになっています。位相差顕微鏡検査によって口内の細菌の種類や数などを検査し、その細菌に対して最適な薬や歯磨き粉を処方してもらい、口の中をきれいに除菌します。歯周病の原因となる最近を根本的に取り除くという積極的な治療方法ですので、 ぜひ取り入れたい治療方法です。

歯周病 薬

現在の歯周病治療は歯石取りなどの外科的な処置が主流ですが、最近では薬で歯周病を治すという「歯周内科学」という考え方が取り入れられ始めています。

現在の歯科医療においては、虫歯と歯周病は感染症であると結論付けられており、特に歯周病はカビと細菌の混合感染症だと言われています。感染症であれば薬で治療できるはずだというのが歯周内科学の考え方であり、そのために具体的に行われているのが、最新式の「顕微鏡を使った歯周内科治療」という方法です。

位相差顕微鏡検査によって口内の細菌の種類を特定し、それにマッチした細菌の除去薬剤、カビの除去薬剤、カビとり歯磨き剤を処方して、口内の除菌をしていくということになります。ただし、歯医者へは費用的・時間的な問題などがあり、なかなか通いにくいものですし、そもそもこのような感染症にかからないように、普段から十分なケアをしておくことも大切です。

薬用オーラパール

歯周病 トップへ戻る

Copyright 2016 © すぐ探せる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner