手汗

手汗

手汗でお悩みなら、まずはリラックス、それから制汗剤です。

手汗 解決策

私たちは誰でも緊張や興奮をしているときは手汗が出るものです。これは精神性発汗といわれる汗で、手のひらや足の裏などに限定的に見られるのが特徴です。通常、精神性発汗の場合は、気持ちが落ち着けば汗は自然にひいていくのですが、いつまでも手汗が治まらなかったり、したたり落ちるほど異常に汗をかいたりする場合は、発汗を促している交感神経が過剰に働いている可能性があります。

自律神経には、活動的なときに優位になる交感神経と、リラックスしているときに優位になる副交感神経があり、それぞれが正反対の役割を担いながらバランスを取ることで、体調を調整しているのです。発汗を促しているのは交感神経です。交感神経が、緊張や興奮、ストレスなどによって刺激されて過剰に働き始めると、 手や足に汗をかき始めます。そのことを気にすると、さらにそれがストレスとなって交感神経への刺激を強めてしまうため、余計に汗をかいてしまうという悪いスパイラルに陥ってしまいます。

手汗を抑えるためには交感神経が優位な状況を鎮める必要があるため、手汗のことをあまり気にせず、リラックスして副交感神経を働かせることがまず第1の解決策となります。

手汗 治療

手汗がひどい場合は、病院で多汗症の治療を受けるという方法もあります。代表的なものは塩化アルミニウムを使用する方法です。汗腺を塞ぐ作用がある塩化アルミニウム水溶液を、夜寝る前に直接手のひらに塗り、朝起きたら洗い流すという治療法です。治療費が比較的安く、自宅でも対応可能ではあるのですが、刺激が強く、人によってはかぶれ、かゆみ等の皮膚炎を起こす可能性がありますので、皮膚科で処方してもらう方がよいようです。

その他、微弱な電流を流した水に手のひらを20分ほど浸すことで、汗腺にダメージを与えて汗を減らすイオントフォレーシスという治療法、手のひらにボツリヌス注射をすることで神経をブロックし、汗を減らす治療法、 漢方薬で体質改善を行う方法、そしてそれらを試しても効果がない場合には、最終手段として手術という方法があります。

ただし、ボツリヌス注射や手術は、効果は非常に高いですが、費用面も高いという傾向がありますので、 選択される前に十分な検討が必要です。

手汗 改善

病院での積極的な治療の前に、自分でできる改善方法を試してみる場合は、次のようなものが効果的です。

手汗は精神的な緊張が原因である場合が多いので、合谷などのツボを押すことでリラックスし手汗を抑制する効果が期待できます。また、ミョウバンには殺菌作用や制汗作用があるため、水1.5Lにミョウバン50gの比率で溶かしたミョウバン水を手に塗る方法もあります。さらに香辛料の効いた辛い料理や油っこい食事を避ける、豆腐や納豆などイソフラボンを多く含む大豆製品を多く摂取するという食事療法も体質改善をするための対策としては有効です。

一番お手軽にできる方法は制汗剤を使用する方法です。塗って乾かすスプレータイプ、殺菌効果のあるクリームタイプなど、色々種類があります。 持続性や抑制効果はあまりありませんが、携帯性が高いので緊急時の使用などには有効な方法です。

手汗用制汗ジェル フレナーラ

手汗 トップへ戻る

Copyright 2016 © すぐ探せる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner