わきが治療

わきが治療

わきがは、汗をかきやすく、薄着になる季節の前に治療しておきたいですね。

すぐ探せる通販 > わきが治療

わきが治療 自宅

自宅で行うことができるわきが治療とは、実際にはわきが臭の予防ということになりますが、その予防効果の持続時間がだんだんと長くなってくれば、治療ができたのと同じ効果が得られたと考えてもよさそうです。

まず、汗をかいたら出来る限りシャワーを浴びるようにします。しかし、浴びる回数が多すぎると乾燥肌になりやすいので、脇の下だけをデオドラント石鹸などで洗い、シャワーで洗い流すようにするとよいそうです。また、女性であれば脇毛の脱毛をするのも効果的です。

食生活の面では、野菜などのアルカリ性食品を意識的に多く摂るようにするとよく、特に殺菌作用のある梅干しには、脇の臭いを作り出す雑菌を殺菌する作用が期待できます。ただし塩分の過剰摂取にならないように注意してください。逆に肉類や脂っこいものなどの酸性食品は極力避けるようにします。

さらに、これらと併用したいのが市販のわきがクリームや制汗スプレーです。効果の持続時間的は短いかもしれませんが、簡単さでは一番ですので、有効活用したいですね。

わきが治療 保険

わきがには、剪除法、非直視下手術法、ボトックス注射などの治療法があります。
その中でも剪除法は多くの皮膚科などで保険適用で受けることができる可能性が高い手術であり、わきが治療では100%に近い確率で完治する非常に有効な治療法です。ただし、剪除法であっても、保険が適用されない自由診療になる場合がありますので、事前に病院に確認をする必要があります。
病院によって料金設定は異なりますが、保険適用でわきが治療を行う場合は、両脇の手術で3~4万円の場合が多いようです。

一方、非直視下手術法やボトックス注射といった治療方法では、わきがが完治できない可能性もありますし、 また保険が適用できる病院はほとんどありませんので、ほぼ自由診療になるとお考えください。
こちらも病院や採用する治療法によって大きな差がありますが、大体10~40万円程度もかかってしまうことが多いようです。

わきが治療 子供

お子さんがわきがの場合、親としては何歳くらいで治療するのが良いのか悩まれるかと思いますが、実は、小学校高学年から中学生といった思春期に治療することはあまりお勧めできないそうです。

この時期に治療したとしても、再発のリスクがあるからというのが理由だそうです。わきがの原因となるアポクリン汗腺は、思春期に増えてきますので、治療後に新たなアポクリン汗腺が出来てしまう可能性があるのですね。

高額な治療費も無駄になってしまう可能性がある訳ですから、 できれば子供の内は市販薬などで対応した方がよさそうです。

ワキガでお悩みの方へ!!【ラポマイン】

わきが治療 トップへ戻る

Copyright 2016 © すぐ探せる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner